検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
RSSを登録する
WebマーケのPodcastへ

転職 最近の記事
転職 カテゴリ一覧
お薦めマーケティング教材
人気急上昇のキーワード
Career & Job
インターネット広告業界の転職 -専業広告代理店、媒体社、リスティング広告代理店、モバイル広告会社まで-

2007年8月6日(月曜日)

希望年収や残業時間についてはどこまで交渉していいのか?

カテゴリー: - makebro @ 12時00分00秒

その金額でなければ絶対ダメという印象は与えないように

- 希望年収については、あまり高い金額を要求するとマイナス要因になりますが、どのくらいの金額を提示したらいいのでしょうか?前の会社の年収などは一つの参考にしてもいいのでしょうか?

「年収に関しては、希望額をきちんと伝えた方が良いと思います。ただし、『その金額でなければ絶対ダメ』という印象は与えないようにしましょう。皆さんダウンよりアップする方がいいので、多少は現状よりアップした金額を提示しますが、どうしてもその会社の組織、評価の問題で出せない場合は現状維持やダウンの場合もあります。でも検討の余地は十分にあるというニュアンスを伝えることが大事です。ですから『年収の希望額もありますがそれに拘るわけではないので、総合的な条件で判断します』と答えたほうがいいと思います。」

- 面接では聞きたくても聞けないことってたくさんありますよね。例えば、残業がどのくらい多いのかとか、離職率はどのくらいなのかとか、そういう質問はしてもいいのでしょうか?

「そこが人材紹介会社を利用するメリットの一つになると思います。確かに、残業や休日出勤がどのくらいあるのか直接は聞きづらいと思います。また1次面接で聞くとマイナス印象を与えて不採用になるケースもありますので、紹介会社を経由して聞いていただくのが一番いいと思います。」

「止むを得ず聞く場合は、聞き方に注意しましょう。福利厚生や、給与、残業など、そのようなことばかり質問していると良い印象を与えませんので、出来るだけちりばめて質問したほうがいいと思います。ただ最近は、条件については両者話し合った上で決定しましょう、という会社も増えています。その場合には内定後に「条件面談」を設定してくれる場合がありますので、その場合は人事と単刀直入に話すことができると思います。」


Google AdSense

14 queries. 0.021 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress