検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
RSSを登録する
WebマーケのPodcastへ

転職 最近の記事
転職 カテゴリ一覧
お薦めマーケティング教材
人気急上昇のキーワード
Career & Job
インターネット広告業界の転職 -専業広告代理店、媒体社、リスティング広告代理店、モバイル広告会社まで-

2007年7月31日(火曜日)

インプレッション?ページビュー?専門用語を知らなくても採用されるか?

カテゴリー: - makebro @ 18時00分00秒

IT・インターネットの技術的知識が苦手な人はどうする?

人材紹介会社を比較するインターネット専業広告代理店としては最大手になったサイバーエージェント。創業当初は藤田社長自身もITに疎かったため、毎日夜遅くまで残って勉強をしていたようです。それでもお客さんの前でボロを出さないなように営業するのは大変だったようですが。

時代はそれから10年近く経過しますが、インターネット専業広告代理店や媒体社・モバイル広告会社に転職を希望する場合にネックになってくるのがインターネット広告関連の知識です。不動産業界や金融業界で仕事をしていても、ブログとか、Flashとか、オーバーチュアくらいの言葉は知っているかもしれませんが、インプレッション、ページビュー、ユニークユーザー、CTR(クリックスルーレート)などの言葉が出てきたらもうお手上げなのではないでしょうか。

では実際どのレベルの知識があればいいのか、知識が無い場合はどこで勉強すればいいのでしょうか?人材紹介会社でインターネット広告業界を担当する、キャリアマートの服部欽一さんにお話を伺います。

インターネットを使ったことがないレベルだときついが

- この業界に転職しようという方は、インターネット広告の知識は人並み以上に必要なのでしょうか?私の知り合いもSEO会社の面接を受けたことがあるそうなのですが、「CGIは知っているか?」「クッキーは知っているか?」と聞かれしまい、答えられずに困ったことがあると話していましたが。

「確かに、『インターネットって何だ?』というような状態の方だときついと思います。でも、『バナー広告ってなに?』というような基本的な知識はインターネット専業広告代理店や、メディアレップのホームページに用語集が掲載されているので、それを見ておくといいと思います。これらに一通り目を通し、基礎レベルの知識は網羅しておくといいでしょう。」

インターネット広告用語はメディアレップのサイトで学習

インターネット広告用語を勉強するなら、メディアレップのサイトが充実しているようです。例えばソフトバンク・電通系のcciのサイトにある広告用語集、博報堂DYメディアパートナーズ系のDACのサイトにある広告用語などがお薦めです。そのほか、広告転職.comの広告用語辞典や、インターネット広告用語辞典なども利用されるといいでしょう。

人材紹介会社別にインターネット広告系の求人を見る

(各社Webサイトより:2007年8月時点)

キャリアマート
[IT・情報通信・インターネットの業界別求人 > 広告・ネット広告 ] にインターネット広告会社、媒体社の求人が数多く掲載されており検索しやすい。具体的には、大手インターネット専業広告代理店のWEB広告進行管理、アカウントプランナー、中堅インターネット専業広告代理店のメディアプランナー、ストラデジックプランナーなどの求人がある。

リクルートエージェント
[求人検索 > IT/通信/インターネット > マーケティング(Web含む)] の中にインターネット広告系の企業の求人を見つけることができる。公開されているのは有名企業が中心だが、非公開求人も多いので直接問い合わせを。Web上には、総合商社系のインターネット広告代理店のSEMコンサルタント、転職系出版社の広告企画営業、大手検索エンジンの広告審査担当、問合わせ対応、技術的・総合的サポート、顧客教育などの求人が掲載されている。

DODA(デューダ:インテリジェンス)
[企画/事務系 > 企画/マーケティング/広報]にインターネット広告会社の求人を発見することができるが、細かく分類されていないのでキーワード検索を利用したほうがいいかもしれない。Webに掲載されているのは、モバイルコンテンツプロバイダーの広告営業、外資系アフィリエイト広告代理店のアカウントエグゼクティブ、大手検索エンジンのオンラインセールス&オペレーション アソシエイトなど。


Google AdSense

14 queries. 0.080 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress