検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
RSSを登録する
WebマーケのPodcastへ

転職 最近の記事
転職 カテゴリ一覧
お薦めマーケティング教材
人気急上昇のキーワード
Career & Job
インターネット広告業界の転職 -専業広告代理店、媒体社、リスティング広告代理店、モバイル広告会社まで-

2007年8月3日(金曜日)

転職情報サイトと人材紹介会社。どちらからが採用されやすい?

リクナビでも?デューダでも?人材紹介でも?同時募集していたらどうする

10年位前に求人情報を探すとなると、リクルートの『Be-ing(ビーング)』や学生援護会の『DODA(デューダ)』、キャリアデザインセンターの『type(タイプ)』などの求人誌を購入するか、日経新聞日曜版や朝日新聞の求人欄を見るくらいしか方法あありませんでした。しかしインターネットが発達してからは、誰でも簡単に求人情報を探すことができるようになりつつあります。

これだけ求人媒体が増えてくると、リクナビNEXTやマイナビ転職、DODA(デューダ)のような転職情報サイトで求人をしつつ、人材紹介会社でも求人を行っている企業をみかける場合があります。職種や採用条件などは全く同じ内容なのですが、このような場合はどちらから応募をしたらいいのでしょうか?やはりアドバイザーがサポートしてくれる人材紹介会社を利用したほうがいいのでしょうか?その辺をキャリアマートの服部欽一さんに伺って行きたいと思います。

転職サイトから直接申し込んだほうがよい場合もある

- 転職をする場合、自分一人でやるより人材紹介会社を使ったほうが通りやすいというようなことはあるのでしょうか?また、人材紹介会社と転職サイトの両方から同時募集している場合もありますが、その場合はどちらから応募した方が採用される可能性が高いでしょうか?

「転職者の経験やスキルによるのですが、自分の経歴に自信がある方はどちらでも通ると思います。ただ、年収交渉や退職時期、入社時期の調整が必要な場合は、間に立ってもらえるエージェントがあったほうが良い場合もあります。ただし、圧倒的に人気がある認知度の高い会社が、『何年かぶりに5名だけ採用する』というような場合は、転職サイトから応募したほうがいいと思います。そのような、一般公募で数百人〜数千人もの応募者が集まりそのなかから採用する、というスタンスの会社の場合は、そこからエントリーしたほうがよいでしょう。」


2007年8月2日(木曜日)

採用決定から入社まではどのくらい待ってもらえるか?

退職願いは通常1ヶ月前には出さないといけない

芸能人の間では『できちゃった婚,』が流行しています。しかしその裏では、マネージャーや事務所が事態の収拾に大変な思いをしています。CMに出ていればスポンサーに謝りに行かなければならないし、番組のレギュラーが決まっていたら代役を考えなければならなくなるからです。ですから仕事をやめる場合は、1ヶ月以上前から調整するのが筋となりますが、これは一般人の私達でも同じことでしょう。

ではその逆のパターンですが、採用が決まった場合、どのくらいの期間なら企業は待ってくれるのでしょうか?退職願いは1ヶ月前に出すというのが相場のようですが、責任あるポジションにある方でしたら、そう簡単に辞められない場合もあるでしょう。では採用する側は一般的にどのくらいなら待ってくれるのでしょうか?人材紹介会社キャリアマートの服部欽一さんにお話を伺います。

急募の場合と、通年採用の場合で対応が違う

- 在職中の方ですと、引継ぎに時間がかかり採用されてもすぐに転職できない場合もありますよね。そのような場合、何ヶ月くらいまでなら入社時期を待ってもらえるのでしょうか?

「状況にもよるのですが、企業側がどの程度そのポジションについて求めているかによります。例えば、『急募』となっている場合は、1ヶ月後に入社できなければ内定取り消しと言う場合もあります。しかし、通年採用となっている場合は、現在お勤めになっている会社を円満退職してから入社をしていただきたい、とおっしゃっていただける会社が多いです。」

「どのくらいの期間を待っていただけるのかという点については確かに限度がありますが、60日くらいが目安でしょうか。場合によっては90日でも調整も可能かもしれません。このように入社時期の調整が必要な場合は、ご自身一人だけで転職活動をすると交渉が大変だと思います。ですが人材紹介会社を利用しますと、キャリアアドバイザーが間に立って日程調整をしますので、利用されるといいでしょう。」


2007年7月15日(日曜日)

インターネット広告業界の採用動向を知ろう!

カテゴリー: - makebro @ 12時00分00秒

 
インターネット広告にもトレンドがあります。最近だとリスティング広告業界は景気がいいですよね。というわけで、ここでは広告会社、広告代理店、メディアレップ、媒体社など業界別に分類しています。

    人材紹介会社を比較する
    インターネット専業広告代理店を目指す方へ
    サイバーエージェントやオプト、セプテーニなどの専業会社に転職を希望している方向けの記事です。

    メディアレップを目指す方へ
    メディアレップってご存知ですか?インターネット広告業界特有の業態です。

    リスティング広告代理店を目指す方へ
    Webマーケティングの手法として最も効果が高く、採用ニーズも非常に活発に行われている業界です。

    PC・モバイル系媒体社を目指す方へ
    インターネットの広告媒体となっているメディアの採用動向です。



Google AdSense

14 queries. 0.033 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress