検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
お薦めマーケティング教材
RSSを登録しましょう
Podcast カテゴリ一覧
強力なYahoo!のサービス

 ビジネスエクスプレス

SEO対策はこれから始めるのが王道です。ヤフーのディレクトリに有料で登録してくれるサービス。審査費のみ5万円〜で登録できます。 →お申し込み


 Yahoo!オークション

とにかく売りたいならここ。個人なら一般参加のオークションだけでなく、優遇措置がある法人向けのオークションストアがお薦めです。 →資料請求


 Yahoo!ショッピング

楽天と並び、日本を代表するショッピングモールとなったヤフーショッピング。ヤフーオークションと同時出店で相乗効果も見込めます。 →資料請求


集客ならリスティング広告

 オーバーチュア

Yahoo!の検索結果の一番目立つところに、自社の広告が掲載されるサービスです。1クリック10円以下から掲載ができます




 Googleアドワーズ

Googleの検索結果やその提携サイトの一番目立つところに、自社の広告が掲載されるサービスです。B2B企業に強いと言われています。




スペースハンター



人気急上昇のキーワード
Google AdSense

2008年2月19日(火曜日)

大容量ディスク配信の時代に突入するデジタルコンテンツ GDH 松本淳氏 Vol.5

カテゴリー: - makebro @ 12時00分00秒

P2P型動画コンテンツ配信を行っている、株式会社GDH松本さんのインタビュー第5 回目、最終回です。今回の話題は、デジタルコンテンツ配信の今後についてです。

GDHグループの場合、アニメをTV放送することで作品のファンを作り、DVDやグッズの販売につなげて利益を出すというビジネスモデルでした。しかし昨今では、ニコニコ動画やYoutubeに違法なアップロードが行われ、DVDが売れなくなるという問題に突き当たっています。この問題をどう捉え、どのように対処して行こうとしているのでしょうか?

松本さんは、Youtubeで視聴されることのプロモーション効果を認めつつ、著作権法の改正や、コピーコントロールの採用、Flashビデオのセキュリティの強化などによって、今のような混沌とした状態から抜け出していけるのではないかと考えているようです。

詳しくはインタビューの方をお聞き下さい。
 
 
 
● インタビューをダウンロードして聴く

<< 音声ファイルDOWNLOAD >>

● インタビューをFlashプレーヤーで聴く




2008年2月18日(月曜日)

P2Pのネガティブなイメージと普及までの道のり GDH 松本淳氏 Vol.4

カテゴリー: - makebro @ 12時00分00秒

P2P型動画コンテンツ配信を行っている、株式会社GDH松本さんのインタビュー第4 回目です。今回の話題は、P2P配信のデメリットについてです。

P2Pの配信を受けるためには、まずP2Pアプリケーションをダウンロードし、インストールする必要があります。つまりセカンドライフやiTunesのように一回新しいソフトをインストールしなければならないのです。この手順が入ることで利用するための障壁が一つできます。さらに日本の場合は、「P2P」にネガティブイメージがあるので何となく敬遠してしまう人も多いようです。

詳しい内容の方は松本さんのインタビューをお聞き下さい。

● インタビューをダウンロードして聴く

<< 音声ファイルDOWNLOAD >>

● インタビューをFlashプレーヤーで聴く




2008年2月17日(日曜日)

ユーザが増えるほど有利なP2P配信 GDH 松本淳氏 Vol.3

カテゴリー: - makebro @ 12時00分00秒

P2P型動画コンテンツ配信を行っている、株式会社GDH松本さんのインタビュー第3 回目です。今回の話題は、P2P配信のメリットと、ストリーミング配信に比べ優れている点などについてです。

まずP2Pの場合は、ネットワークにつながる全てのコンピュータが中継点の役割をも果たすため、配信が効率化できコストも下がります。

一方ストリーミングの場合は、配信元が一元管理するため、高機能なサーバーと大容量の回線が必要になります。またMAXのユーザー数を見込んで回線を用意するため、相当なコストがかかります。

詳しい内容は、松本さんのインタビューをお聞き下さい。

● インタビューをダウンロードして聴く

<< 音声ファイルDOWNLOAD >>

● インタビューをFlashプレーヤーで聴く




2008年2月16日(土曜日)

どう違う?P2P配信とストリーミング配信の仕組み GDH 松本淳氏 Vol.2

カテゴリー: - makebro @ 12時00分00秒

P2P型動画コンテンツ配信を行っている、株式会社GDH松本さんのインタビュー第2回目です。

今回はまだよく理解されていない、P2Pの技術的な特長についての話題です。

これまで、Youtubeのようにストリーミング形式で動画配信を行うと、サーバーと回線に多額の投資を行う必要がありました。さらに全国にくまなく配信するためにCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)というサービスも利用するのため、人気が出るほどコストがかかりました。しかしP2Pではユーザーが増えるほどファイル配信が効率化されるため、コストが下がります。

ちょっと技術的な話になって難しく感じる方もいるかもしれませんが、その辺の仕組みについて詳しくお話を伺っておりますので、早速インタビューを聞いてみましょう。

● インタビューをダウンロードして聴く

<< 音声ファイルDOWNLOAD >>

● インタビューをFlashプレーヤーで聴く




2008年2月15日(金曜日)

高画質なアニメーション・コンテンツをP2P配信 GDH 松本淳氏 Vol.1

カテゴリー: - makebro @ 12時00分00秒

今回からマーケティングブロードキャストの新メンバーとして、斉藤有子さんが加わりました。斉藤さんは某社モバイルコンテンツ部門に勤務しながら、某大学院でコンテンツビジネスについても研究されています。今回のインタビューも斉藤さんの人脈で実現しました!斉藤さんありがとうございます&今後ともよろしくお願いします。

尚、引き続きインタビュアーの募集も行っておりますので、気軽にお問い合わせ下さい。

さて今回の取材では、株式会社GDHの松本さんにお話を伺ってきました。GDHはアニメーション制作会社のゴンゾ、オンラインゲーム企画会社のゴンゾロッソなどグループの経営管理などを行っている持株会社です。

第一回目のインタビューは、GDHグループでスタートさせた『P2Pの動画配信』についてのお話です。これは従来のYoutubeのようなストリーミング配信と違い、ネットワークに負荷をかけることなく高画質な映像を配信できる仕組みだということです。既にP2Pの仕組みとしてはNapsterやWinnyが有名ですが、GDHでは更に進化したシステムとして、ドリームボート社のSkeedCast(スキードキャスト)を採用しています。

実はGDH以外にも、総務省が音頭を取って「P2Pネットワーク実験協議会」というものが設立されています。将来的にP2Pを動画配信のインフラとして普及させようという狙いがあるようです。尚、この協議会にはGDHグループの他、角川デジックスやソフトバンクBBなども参加してそれぞれ独自の配信システムを運用中です。

それではインタビューの方を聞いていきましょう。第一回目の今回は、GDHグループの事業内容に始まり、P2Pというファイル交換の仕組み、そしてWinnyと今回のP2Pサービスとの違いなどについてお聞きしています。音声は6分のフルバージョン、動画では3分ほどのダイジェスト版となっています。
 
 
● インタビューをダウンロードして聴く

<< 音声ファイルDOWNLOAD >>

● インタビューをFlashプレーヤーで聴く




Google AdSense

15 queries. 0.074 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress